マリンスポーツ

とにかく安いクレイジー特価!バリドルフィン社 マリンスポーツ単品 | バリ島 マリンスポーツ 体験レポート

2015年11月6日、取材班はバリ島タンジュンべノアで最安値のマリンスポーツ催行会社、バリドルフィン社の取材へ行って来ました!トキメキバリ島観光の中でも人気のマリンスポーツ会社、バリドルフィン社。安いだけでなく、内容も良いと言うことをお伝えするべく、取材へと行きました。バリ島でマリンスポーツが盛んに行われているタンジュンベノアエリアで、マリンスポーツをお得に楽しみたい方や、日本ではなかなかやる事がないマリンスポーツをバリ島で挑戦したい方必見の、様々な種類のマリンスポーツをご紹介していきます。

本日の取材先、バリドルフィン社をご紹介します!


マリンスポーツが盛んに行われているエリア、タンジュンべノアに位置するバリドルフィン社。白砂のビーチに、青く輝く海を一日中満喫できる、タンジュンベノアエリアにあります。マリンスポーツの激戦区でもあるこのエリアで、バリドルフィン社は最安値をキープしている催行会社です。
最安値なので設備は簡素ですが、マリンスポーツの内容は、他のマリンスポーツ催行会社に負けない催行会社となっています。

バリドルフィン社に到着

8:00
バリ島ジンバランエリアにあるトキメキバリ島観光オフィスに、バリドルフィンの送迎車が迎えにきました。
送迎車は乗用車で、車内は清潔。乗り心地に問題はありません。ジンバランからバリドルフィンまでは車で約30分かかりました。

バリドルフィンに到着。取材当日は、撮影に適した快晴でした!バリ島タンジュンベノア特有の、青い海が美しいです。バリドルフィン社では、南国バリ島ならではの景色も楽しむことができます。

到着後、ミネラルウォーターとレンタルタオルが手渡されました。
通常レンタルタオルは、デポジット金やレンタル料金を取られるところがほとんどですが、バリドルフィン社では無料でタオルをレンタルすることができます。タオルを持ってこなくても良いのがうれしいですね。

施設は新しいとはいえませんが、しっかりと掃除もされており清潔です。日本人のゲストも抵抗なく使えるでしょう。ただし、施設の古さのため、更衣室の鍵が壊れているなどの故障がところどころ見られました。


シャワーは外にあります。更衣室とシャワーは一緒になっていないので、マリンスポーツ後は水着を着たままシャワーを浴びる事になります。
また、シャワーの水は少々の塩水が混ざっており、真水は出てきません。

更衣室は男女合わせて4部屋。更衣室の向かいがトイレです。更衣室にはかばんを掛けるフックがあったので、着替えは特に不自由なく行えました。

荷物は付きロッカーへ入れてください。鍵はゲスト自身で管理してください。鍵に輪ゴムが付いています。マリンスポーツ中に無くさないようお気をつけくださいませ。

シーウォーカー

バリ島マリンスポーツの中でも人気のシーウォーカー!
バリ島のマリンスポーツ会社でも色々なところでシーウォーカーが催行するようになりました。シーウォーカーの利点は、泳げない方やダイビング経験がなくても簡単に海中散歩が出来ることです。

バリドルフィン社のシーウォーカーは、沖合いに浮かぶポントゥーンから、海底へアクセスします。バリドルフィン社のインストラクターが分かりやすく説明するので、初心者の方も安心してご参加いただけます。

酸素が出るヘルメットです。バリドルフィン社のシーウォーカーでは、一度に5名が一緒に潜れます。お友達、ご家族と一緒に海底散歩をお楽しみいただけるでしょう。


シーウォーカーの入水時は、ダイビング機材を付けたインストラクターがサポート。潮の流れで安定しない梯子が不安に感じますが、インストラクターが体をしっかりと支えてくれるので、怖がらずゆっくりと梯子を降りていきます。


バリ島タンジュンベノアエリアの海底は、海藻がとても多いのが特徴です。レンボンガン島やサヌールエリアに比べると視界が悪いですが、海が汚れているわけではなく、豊富な海藻に恵まれているエリアだからなのです。そのため、魚達もあまりお腹を空かせていないようで、餌付けようのパンをあげてもいまいち、魚が寄ってきません。魚がたくさん近寄ってくることを想像している方には、少し物足りないかもしれません。

体験ダイビング

タンジュンベノアでの体験ダイビングは、流れがほとんどないので、初心者ダイバーには最適の場所。インストラクターが手取り足取り、一から基礎を説明してくれます。ダイビングのライセンスを取得しようか迷っている方は、一度体験ダイビングを試すと良いと思います。

ダイビングコースはポントゥーン周辺をゆっくりと周遊する流れとなっています。海の中には象の銅像やバリ島の神様を象徴する銅像などが沈んでいます。なかなか絵になる光景の海底となっています。流れがとても緩やかなので、リラックスしてダイビングを楽しめました。

ジェットスキー

大海原を爽快に飛ばせる、ジェットスキー!
インストラクターとの同乗でご自身で運転が可能です。アクセルを握るだけで、進みます。スピードを出せば出すほど、水の抵抗が増しカーブが難しくなります。体重移動と合わせてカーブをすると上手に操作ができました。
時速40キロほどのスピードで、ジェットスキーを楽しむことができました。

パラセーリング

定番マリンスポーツのパラセーリング!
パラセーリングは見た目は難しそうですが、やってみると意外と簡単です。地上に戻ってくる時のパラシュートの操作が重要。しかし、インストラクターが支えてくれたり、指示をくれたりと、全て教えてもらえるので、インストラクターの指示に従えば安全にできるマリンスポーツです。

ヌサドゥアエリア全域と、ターコイズブルーの海の色はとても美しいです。高さ50メートルから見下ろすバリ島は思い出に残る光景となるでしょう。

カップルパラセーリングアドベンチャー

パラセーリングを二人で一緒に飛びたい方は、パラセーリングアドベンチャーがお勧め!
服を一切濡らさずに、自分でパラセーリングの舵を取る必要がない分、より集中して海の景色をお楽しみいただけます。

パラセーリングアドベンチャーの飛び始めは、スピードボートのデッキに座るだけです。後は勝手に空中へと舞い上がるので安心して楽しめます。

高さ50メートルからバリ島を望む景色は、誰かと共感したり、分かち合いたいものですね。二人、三人でパラセーリングを楽しめことがこのパラセーリングのポイントとなっています。

上空では、同乗者と一緒に話をすることができるので、バリ島の景色について話が盛り上がるでしょう。お友達、カップルで楽しむことができる、マリンアクティビティです。

通常のパラセーリングでは不安だった着陸も、ワイヤーが船へと引っ張ってくれるので、座っているだけでOKです。衣服を一切濡らすことなく、パラセーリングを体験できます。

フライボード

最新型スリルアクティビティの、フライボード!バリドルフィンでも取り扱っています!
現時点では、バリ島でのフライボードが楽しめるマリンスポーツ会社は限られています!この機会に是非挑戦してみてください!

フライフィッシュ

空飛ぶフライフィッシュ!ボートに、仰向けに寝た状態で上空に飛び立ちます。仰向けに寝ているだけなので、いつ飛び上がるかが分からない反面、スリルもこちらの方があります。
インストラクターと同乗しますので、ご自身での操作などは一切ないので安心です。ボートが浮き上がった時に、スリルを感じられます。

バナナボート

マリンスポーツの定番バナナボート!
お友達やご家族と、グループで乗るとより賑やかに楽しめるでしょう。インストラクターがボートを揺らして、スリルを倍増させてくれます!ドキドキ・わいわいとバナナボートをお楽しみください。

ドーナツチューブ

ドーナッツボートは、バナナボートと似たマリンスポーツですが、横にスライドしたり、水の抵抗で跳ね上がったりするのが、スリル満点のマリンスポーツです。私は少々船酔いを起こしてしまい、あまりいい笑顔を作れませんでした・・・。前のシートより、後ろのシートのほうが遠心力を多く感じるような気がします。

タートルアイランド

小さいお子様も家族みんなで楽しめる、タートルアイランド!
タンジュンベノアは亀の保護活動に力を入れているエリアです。亀の保護活動や、生殖活動の様子を見ることができます。その他、珍しい動物達との触れ合いもできます。お子様にもお勧めとなっています。

グラスボトムボート

日焼けはしたくないけど海を楽しみたい方や、小さなお子様と一緒に訪れている場合などにオススメなのが、グラスボトムボートです。ボートから海の中の様子を観察することができます。

グラスボトムボートは、グラスが張られたボートの底から、海底に住む魚達の様子を見ることができます。一点を見つめすぎると船酔いするので、適度に遠くの景色も見ながら楽しんでください。

 
 
 
 
※本レポートは取材時の情報に基づき作成しております。 金額、内容、スケジュール等は予告無く変更される可能性がございますのでご了承ください。

About トキメキバリ島観光スタッフ

バリ島観光ツアーメニューをトキメキバリ島観光スタッフが実際に体験してお伝えします!