バリ島 観光 オプショナル ツアー | バリの民家でホームステイ

| バリ島 観光 オプショナル ツアー 子連れの方必見の オプショナルツアー

バリ人の暮らしを体験

バリ島 オプショナルツアー 現地の民家での暮らしを体験!3日間、3食、伝統的なバリ人家庭にホームステイすることができます。万が一何かあった場合でもすぐに連絡が取れるよう、携帯電話のレンタルもすべてセット。安心してバリ島の生の暮らしを体験してください。当社では安心してホームステイをお楽しみいただけるよう、万全の体制でお手伝いいたします。
バリの民家でホームステイ

バリの民家でホームステイ コース & 時間

  • 1日目 【1日目】
    ホテルもしくは空港へお出迎え
    バリの有名な農業県タバナンへ
    宿泊:バリの民家
    バリ島のオプショナルツアーの中でも珍しい、バリの民家にホームステイできるプランとなっています。安心してホームステイをお楽しみいただけるよう、万全の体制でお手伝いいたします。
  • 2日目 【2日目】
    朝食・昼食・夕食は民家のご飯
    1日自由アクティビイティ(農業の体験や見物もできます)
    宿泊:バリの民家
    バリ島の人の暮らしを体験してみたい方にオススメのオプショナルツアーです。バリ島の実際の家庭にホームステイしますので、リゾートエリアとは全く違う楽しさを感じる内容となっています。
  • 3日目 【3日目】
    朝食・昼食・夕食は民家のご飯
    芸術で有名なギャニャール県へ移動
    その後1日自由アクティビティ
    宿泊:バリの民家
    普通のバリ島のオプショナルツアーでは体験することが出来ない、生のバリ島の様子を知ることが出来るプランです。日本での生活とギャップを感じると思いますが、とても良い経験となるでしょう。
  • 4日目 【4日目】
    朝食・昼食(時間によっては夕食まで)民家のご飯
    ホテルもしくは空港へご案内
    帰国又はホテルへ
    4日も滞在すると、お世話になった人々とのお別れも寂しいと思います。バリ島の民家でホームステイできるオプショナルツアーは、人と人との温かい触れ合いを経験できる内容となっています。


嬉しいプライベート車!人数によってお車が違います

車種一覧
含まれるもの 含まれないもの
ホテル(または空港)からの往復送迎 、各ホームステイ先の宿泊料金・食事代、送迎料金(1日・移動日・最終日) 、携帯電話レンタル料 など お土産代、お飲み物代など
お持ちいただくもの
着替え、日焼け止め、帽子、カメラ、お金などをお持ちいただくのがおすすめです。
ツアーで使用するお車について 全日程プライベート車
こちらのツアーは全日程、ダルナトランスポートのプライベート車でのご案内となります。人数に関わらず、他のお客さまとの同乗はございません。

  • 催行会社
  • ツアー
  • ダルナトランスポート
    住所:Jl Taman Jimbaran VII.A NO.260 JIMBARAN BALI
    TEL / FAX:0361 8480433 /

口コミ一覧

メメのご飯がまた食べたい!

満足度:4
2016年01月13日
BOZZ | 男性 | 20代
ご利用メニュー:
本当に楽しいホームステイ体験でした!ホストファミリーのみなさんが優しくて、「一人じゃかわいそう」みたいな感じで、いつも誰かしらそばにいてくれました。一番の友達は小学生たちでしたけど!いっしょにサッカーしたり、川に魚釣りに行ったり、ガキにもどったみたいで、楽しかったです。そしてメメ。みんながお母さんのことをメメと呼んでいたんですけど、これはバリ語でお母さんという意味らしいです。いつも冗談言って笑わせてくれた明るいメメの作るご飯がめちゃくちゃうまかったです。レストランとかホテルで食べるご飯とは比べ物にならないくらいのうまさ。朝早くから一生懸命手作りしてくれた手料理。自分が美味しそうに食べると、「もっと食べな」と勝手におかわりを山盛りにしてくれるメメのご飯が恋しいです。機会があったらまた行きたいなって思います。

懐かしかった

満足度:4
2016年01月13日
志村五郎 | 男性 | 50代
ご利用メニュー:
息子と二人でちょっと変わった旅行がしたいと思い、ホームステイ体験をしてきました。同じ環境で生活をともにしている親子ですが、やっぱり世代が違うんですね。私は学生時代までは田舎に住んでいましたし、時代も時代だったので、バリの田舎の生活を見てると「懐かしい」という感情がわいてきたのですが、息子からすると生まれてから今まで便利な都会生活しかしてこなかったので、「信じられない」「新鮮」という感想を持ったようで、それはそれで興味深かったです。バリの家では大家族が同居していて、自分の子供でなくても、自分の親でなくても、互いに助け合って生活しているのが、昔の日本の大家族を見ているようで、ほほえましくもあり、うらやましくもありました。家の中庭では鶏を放し飼いにしていたり、裏庭では豚を飼育していたり、その日食べる野菜を近くの空き地でむしってきたり、庭になっているパパイヤやランブータンをとって食べたり、、、短い日数ではありましたが、田舎暮らしを満喫できました。
レイ | 女性 | 30代
ご利用メニュー:
テレビの旅番組やドキュメンタリーのような感動の展開を期待していくと、がっかりするかもしれません。それくらいバリの田舎の人たちはあまり外部の人間にはあまり慣れていないのか、シャイなのか、とにかくガッツリ絡んでくることもなく、基本的に私たちは「お客様扱い」という感じで、あまり彼らの輪の中には入っていけませんでした。もちろん気を遣っていただき、非常によくしていただきましたが、家族の仲間入りというよりも、お客様という感じでした。なので、ふれあいがあったかというと、それほどでもないかなというのが正直な感想です。ただ、観光地で出会う人たちとはまったく違う、本来の大多数であろう田舎暮らしの素朴な人たちの生活を間近で触れて体験することが出来たのは貴重な体験だったとは思います。いまだに薪をたいてかまどで料理をしている人がいるとは思いませんでした。

バリの田舎暮らし

満足度:3
2016年01月13日
ばびこ | 女性 | 50代
ご利用メニュー:
バリ島には今まで10回以上行ったことがありますが、今回ホームステイという冒険をしてみることにしました。観光地ならクタ、スミニャック、ジンバラン、ヌサドゥア、サヌール、ウブドなどいろいろ滞在したことがありますが、そういった観光地ではない、本当のバリ島の姿や人々の暮らしがのぞいてみたくなったからです。最初にお世話になったお宅は、タバナンにあるということでしたが、場所は世界遺産のジャティルイライステラスにあるところで、ビックリ感激してしまいました。基本滞在中は暇なので(笑)、近所をお散歩したりすることも多かったのですが、世界遺産の絶景パノラマの中を歩いている贅沢な幸せを噛みしめたり、、、。観光地からそれほど遠くないところに、こんなにシンプルで素敵な暮らし方をしている人がまだいることに驚きました。みなさん、先祖代々受け継いできた伝統や風習を大切にしているのに感銘を受けました。バリ島は結構もう知り尽くした気になっていましたけど、いい意味で頭をガツーンと殴られたような、カルチャーショックを受けました。

食事だけがきつかった、、、

満足度:3
2016年01月13日
なりりん | 女性 | 50代
ご利用メニュー:
本当に楽しい4日間でした。タバナンのお宅も、ギャニャールのお宅も、本当にやさしいご家族で、よくしていただきました。いっしょに家の手伝いをしたり、子供と遊んだりして、言葉はあまり通じなかったけれど、楽しい時間を過ごせました。ただ、、、食事だけが口に合わず、苦労しました。夫は喜んで食べていたんですけど、私は辛いものが苦手で、、、辛くないものもあるよとすすめられた料理もバリ料理独特の香辛料のニオイがきつくて、どうも受け付けませんでした。食べられないのが、せっかく作ってくれたお母さんにも申し訳なくて、、、毎回私のためだけに、インスタントラーメンを作ってくれて、すごく気を遣わせてしまったと思いました。

何もかもが新鮮でした

満足度:4
2016年01月13日
ハル | 女性 | 30代
ご利用メニュー:
日本の何でも便利さや効率性、スピードを優先している生活に慣れているので、バリの田舎の伝統的なものを大事に守っている生活というのは、何もかもが新鮮に目に映り、新しい発見に満ちていました。たとえば、上水道ではなく井戸水を利用しているのですが、私たちは電動ポンプで蛇口から水を使わせてもらいましたが、滞在先のお父さんはバケツで自ら水をくみ上げていました。ポンプがあるのにどうしてかと聞くと、子供のころから慣れているし、そこにあるものだから、との答え。お母さんもプロパンガスのコンロを持っているにもかかわらず、薪とかまどで調理をしていました。その理由も、薪は自分の家の周りにあるものだから、使わないともったいない。時間はかかるけど、薪で作ったほうが美味しい、とも言っていました。目先の便利なものに走ることなく、自分の身の回りにあるものに感謝をして、大事に使うという精神をあらためて教えてもらえたような気がしました。
Peachy | 女性 | 30代
ご利用メニュー:
ホームステイに参加するなら、ホストファミリーの心を掴まないと!ということで、お宅に伺う前に現地のスーパーによってもらい、お土産を買ってから行きました。何が喜ばれるか、運転手さんにきいたところ、お菓子やコーヒー、お砂糖、インスタントラーメンなどが喜ばれるそうで、それらを一通りそろえてから伺いました。お土産効果か、掴みはOKで、皆さんすごく友好的でした!小さい子供向けにはお菓子を小出しにすると、いつも子供がよってきますよ。あと意志の疎通に関しては、英語はまったく通じないので、スマホでネット翻訳を駆使し、言いたいことを伝えました。翻訳サービスでお互いの言いたいことが通じるだけで、すごくお互いの距離がぐっと縮んだのを感じました。日本からのお土産のほうがよかったかな、とも思いましたが、現地で購入したおみやげでも十分でした。要は気持ちの問題だと思います。
田丸 | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
このホームステイプランでは、3泊4日の間にふたつのご家庭にお世話になるのですが、個人的な希望としては、移動などせずに、ひとつのご家庭にとどまって3泊し、もっと交流を深めたかったです。たぶん最初にお世話になったスパルタさんのお宅では、家族の皆さんが本当に優しくて、言葉も何も出来ない私たちを笑顔であたたかく迎えてくれました。子供たちもとても可愛らしくて、最初は興味がありつつも近づこうとせずに物陰からじっと私たちを覗いていたのが、翌日になると少しずつ寄ってきて、彼らなりにバリのことを私たちに教えようとしてくれるようになり、私たちにとっては子供たちが一番の先生になったような気がします。彼らのはにかみながらも人懐っこい笑顔は忘れられません。せっかく打ち解けてきたかな、、、というころにお別れを言わなくてはならず、とても寂しかったです。あと1泊もスパルタさんのお宅で過ごせたら、と思ってしまいました。

忘れられない体験でした

満足度:4
2016年01月13日
KOMU | 女性 | 50代
ご利用メニュー:
今までバリ島旅行は5回経験済みでしたが、今回はいつもとは違う体験がしてみたいと思い、ホームステイにチャレンジしてみました。少し不安はありましたが、こちらの旅行会社では無料で携帯電話をレンタルしてくれて、何か問題があったら、夜間でも日本人スタッフさんに連絡してくださいという温かいお言葉をいただけたので、かなり安心しました。最初の1泊がホテルだったのですが、そこからタバナンというところまで車で行くのですが、クタの繁華街からどんどん寂れていき、最後には田んぼばかりという風景になったときに家に到着。そこでは何世帯、何世代もの大家族が同じ敷地内に住んでいて、本当に賑やかでした。私は恥ずかしかったのですが、主人は言葉が出来なくてもどんどん輪の中に入っていくタイプで、一気に言葉や国籍の壁を飛び越えて仲良くなっていたのを見て、たくましさを感じました。私は最初おばあちゃんとお母さんの料理やお供え物作りの輪に入って、作業を手伝っていくうちに少しずつ仲良くなれました。大家族とのふれあいが忘れられない体験でした。

バリ人と結婚したら?

満足度:4
2013年02月16日
菅原 | 男性 | 30代
ご利用メニュー:
もし、バリ人と結婚したら、どんな生活なんだろう・・・体験できるんですネ! 興味本位で申し込みました。 電気・ガス・水道のインフラが未整備な場所で、ガスは薪、水は井戸と雨水利用でした。 最大のネックはネット環境でしたが無線LANで解決、電気だけでした。

お得情報!!

ロイヤルバリニーズスパ マッサージ無料プレゼント

初回の予約で民族衣装の写真撮影とノンオイルマッサージ1時間をプレゼント♪

バリ島 ご予約特典

2つ予約すると お車の延長1時間 または ガムランボールをプレゼント♪

乗り換え特典

ヒロチャングループに乗り換えたらプレゼント!!





C
L
O
S
E
お得情報! ×